こども英語☆ほのぼの日記 ~守谷イングリッシュポケット~

茨城県守谷市の小さな英語教室より♪子供達が夢中になる楽しいアイデア・アイテムを中心に、日常のできごとをお送りします。

a few / many

名詞の前につく形容詞 a few / many などを勉強したクラス。

こちらのサイコロを使って簡単なゲームをしました。

用意するもの
サイコロ (6面には、a x 2, a few, some, many, a lot ofが書かれています。)
絵カード 例えば、果物や動物など。ただし、描かれている数が違うものを用意。

a, a few, many などの違いを説明、違いを感覚として理解した後で
1) 絵カードを表を上にしてテーブルに並べる。
2) サイコロを順にふる。
 例えば「a」が出たら、1個だけ描かれたカードと組み合わせて、a bearと言う。
 a fewならば、鉛筆が3本描かれた絵カードと組み合わせて a few pencils. 等
3) 絵カードがすべて無くなるまで続ける。もしくは、時間制限を設ける。
4) 全て終わった後は、手持ちの絵カードの絵の数だけポイントになる。
 例:bearが1匹、鉛筆が3本描かれたカードを持っている人は、1+3=4ポイント
 ポイントが多かった人の勝ち

絵カードを持って、I have a few pencils. のように文章を言わてもいいですね。


応援のクリックやコメントしていただけると励みになります。
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ

[ 2014/10/07 13:44 ] レッスンアイデア キッズ編 | TB(-) | CM(2)
なるほど!
すごく良いアイデアですねぇ
ぜひ参考にさせてください
これなら、つまらなくなりがちな内容のレッスンが、楽しい物に変身しますね
[ 2014/10/10 08:25 ] [ 編集 ]
Re: なるほど!
> Sakasayoさん

ありがとうございます!ぜひぜひ試してみてくださいね。

私は、私自身がいわゆる Visual learner で、「見て覚える、視覚から記憶する」タイプなんです。
「耳から覚えるのが得意」な生徒は、何度もCDを聞いたり、音読練習する中で覚えられますけれど、「視覚で覚える」タイプの生徒には、こういった「目にイメージが残りやすい」ものを取り入れるといいかなと思って、意識して取り入れています。
[ 2014/10/11 23:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する