こども英語☆ほのぼの日記 ~守谷イングリッシュポケット~

茨城県守谷市の小さな英語教室より♪子供達が夢中になる楽しいアイデア・アイテムを中心に、日常のできごとをお送りします。

大カルタ大会!☆ハロウィンイベントより

ハロウィンレッスンより、一部ご紹介

☆大カルタ大会!

対象:小学生(幼児でも可)
人数:多い方が楽しい
必要なもの:ハロウィンのキャラクターが描かれた絵カード

絵カード

アットランダムにキャラクターの絵が描かれた絵カードを用意。

基本のルールは、普通のカルタと同じ。

ただし、様々な数のキャラクターが描かれているので

"There are two witches and one monster.”

のようになります。

(there are / is~の 表現が既習済みのクラスで
復習を兼ねて)

似たような組合せの絵がたくさんあるので、探すのが結構大変です。

今回、絵カードは、大きなクラスで最高50枚以上を用意して、
部屋中に広げて行いました。かなりの迫力です(笑)

盛り上げるポイントは、文の前半部分だけを先に言ってわざとじらしたり、
実際にはない組合せを言って、お手付きを誘ったり、
あるいは、ハロウィンに全く関係ないキャラクターを突然混ぜたり、

たかが「カルタ」と侮ってはいけません!

結構盛り上がりますよ。

中にはあまり枚数が取れない子もいますので、チーム戦(最終的に
各チームのメンバーが取った合計)にすると、誰かが必要以上に
落ち込んだりすることを避けることができます。

(イベントで、誰かが落ち込むような結果になってしまっては、
せっかくの楽しいイベントが楽しくなくなってしまいますから)

特に、取ったカードはチームごとにまとめておいておくようにすれば
誰が何枚とったかは正確には分からなくなるのでおすすめです。

あとは、時間が限られている場合、予めタイマーをセットしておくと
必要以上に時間を取られず、次のアクティビティーにうつることが
できますね。



↓ゲームのアイディアが参考になったという方、
 やってみよう!と思われた方、
 ぜひぜひ、応援・励ましのクリックをお願いします!!!
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 英語教室

[ 2011/10/29 10:57 ] レッスンアイデア キッズ編 | TB(-) | CM(8)
大きなかるたたのしそうですね。
 このカードはつくられたのですか?
楽しそうですね。
目に浮かびます。
 
来年、参考にさせてください!
[ 2011/10/29 12:43 ] [ 編集 ]
やってみたい
うわぁ、楽しそう
来年のハロウィンにやろうかな??
ぜひ、参考にさせて下さい
[ 2011/10/29 14:00 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます!
> tamirinさん

こんにちは。
はい、絵カードは作りました。いろんな組み合わせをそれこそアットランダムに(笑)
ここ最近は、「英語カード」のデータ(絵)を購入したので、それを使っていろんなアレンジをしています。

反応はクラスによって様々でしたが、みんな楽しんでくれました。
[ 2011/10/29 15:04 ] [ 編集 ]
ぜひぜひ!
> Sakasayoさん

ぜひお試しください☆
何人でもできるところがいいですよ。人数が多ければ、同じカードを2枚ずつにしてもいいと思います。

また機会があったら、やりたいなと思っています。
[ 2011/10/29 15:08 ] [ 編集 ]
いいですね!
これ、盛り上がりそう!
このカルタのアイデア、良いですね~。
うん、There is~とThere areの復習の時に使わせて頂きます(^-^)

いつも楽しいアイデアをシェアして頂いて有難うございます。
[ 2011/10/30 15:10 ] [ 編集 ]
Re: いいですね!
> Rooさん

ルールが単純な割に結構もりあがります。
Bearクラスで、There is/are~が出てきますので、その時にも
やろうかなと思っています

こちらこそ、これからもお互いにいろいろと情報交換していきましょう♪
[ 2011/10/30 22:56 ] [ 編集 ]
No title
私もこれすごくいいです!
っお買い物に来たわけじゃないんですが…(^^ゞ
スミマセン…

たかがカルタ?いえいえ、見るからにたかがかるたではなくって、頭脳ゲームって感じです。
これをやる子どもたちもたくさん頭使いそう
(((o(^。^")o)))ワクワク

私もぜひぜひ真似させてくださ~い!
[ 2011/11/01 23:34 ] [ 編集 ]
Re: No title
みず すずきさん

ぜひぜひやってみて下さい!

思った以上に難しく、そして、楽しいですよ。
問題の出し方次第で、更に盛り上がります!
どうやって、子供達の「お手付き」を誘うかですね。

積極的にカードを取る子は、一方でお手付きもしやすいので、
結果として、手にしたカード枚数に大きな差は出ないと思いますよ。
[ 2011/11/02 11:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する