こども英語☆ほのぼの日記 ~守谷イングリッシュポケット~

茨城県守谷市の小さな英語教室より♪子供達が夢中になる楽しいアイデア・アイテムを中心に、日常のできごとをお送りします。

比較級☆アクティビティ Part2

前々回の記事に引き続き、比較級のアクティビティです。
コメント下さった皆様、どうもありがとうございました。

☆対象:小学校中学年~
☆人数:2人~ (4~6人くらいまで)
☆必要なもの:絵カード(できるだけたくさん)
       文字カード(bigger, smaller, lighter, longer など)

1) 様々なジャンルの絵カードを、絵を表に向けてテーブル一面にばら撒く。

2) bigger, lighter, smallerなど、形容詞の比較級を書いた文字カードを
 束ねて、テーブルの真ん中に置く。

3) 1分間など時間制限を設け、時間内に絵カード&文字カードの組み合わせを
 作る。

例:biggerの文字カード1枚+ pencil case < stuffed animal < hippopotamus

biggerの文字カードの場合、右側が大きくなるように。
smallerの文字カードとの組み合わせなら、右側に行くにつれてどんどん小さく
なるように。

文字カード+絵カード3枚(または4枚)ぐらいがちょうど良いかもしれません。

4) 時間内に多くの組み合わせを作った人(またはチーム)が勝ち!

もちろん、各自自分が作った組み合わせをもとに、一人ずつ文章で発表して
もらいます。


前回の記事同様、あらたに準備をするもの必要があまりないので、
すぐにでも楽しめると思います。
(今回、このゲームのために新たに追加で作成したアイテムは、
文字カードx数セットのみ)

動物同士、食べ物同士などの組み合わせだけでなく、様々なジャンル
が混じっている点が、余計面白さをアップさせたと思います。

なので、今回はいろんな絵カードを使ったので様々な形ありで混ぜて使って
みました。



にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ


↑参考になったという方がいらっしゃいましたら、ぜひ
応援クリック または、コメントお願いします!

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 英語教室

[ 2011/08/08 13:54 ] レッスンアイデア キッズ編 | TB(-) | CM(4)
(o^-')b グッ!
これすっごくいいですよね~!

比較級って、どうしても基準を決めてそれより大きいとか小さいとかっていうことから始めちゃうんだけど、一番小さいものから始めるとか、自分でスターの絵カードを決めれるとか。
この辺りはまだレッスンで取り入れた事がないレベルなのですっごく勉強になりました。

いろんなジャンルをミックスするあたりがにくいですね~。

自分が中学校で習った内容しか頭の中になかったので、とっても斬新な感じ♪
ぜひ参考にさせてくださ~い!
[ 2011/08/08 23:00 ] [ 編集 ]
> みず すずきさん

こういったゲームをすると、生徒それぞれがみんな違った動きをするので
見ていて興味深いです。

小さいものをまず選んでから、それより大きいものを順々に選んでいく子。
とりあえず、3つ選んで大きい順に並びなおす子。など。

1分間という限られた時間なので、集中力を欠くことなく取り組めますよ。

比較級って、中学校で習った時は難しい文法というイメージでしたが、
形容詞はイメージしやすいし、大きさの比較という目に見て理解ができる分、
子供達にもなじみやすいみたいです。
[ 2011/08/08 23:23 ] [ 編集 ]
No title
待ってましたぁ
パート2!!
やっぱりゲームは楽しそう・・・
それに(これ一番大切かも)準備が大変じゃないって
すっごく魅力的・・・
[ 2011/08/09 01:39 ] [ 編集 ]
No title
> Sakasayoさん

そうなんです、すでに持っているものを最大限利用してできるっていうのはポイントですね!

いろいろと次から次へと小物を作っては、その保管場所に困っている状態ですので。(笑)

次回の記事も、今あるものを利用して・・・です。
[ 2011/08/09 08:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する