こども英語☆ほのぼの日記 ~守谷イングリッシュポケット~

茨城県守谷市の小さな英語教室より♪子供達が夢中になる楽しいアイデア・アイテムを中心に、日常のできごとをお送りします。

アルファベット・ライティングリレー

ゲームタイトルを何てすべきか分からなかったのですが、
スキマ時間にライティングの練習を兼ねて楽しめるものを!と思い
考えたゲームです。

☆対象:小学生~
☆人数:4人~
☆必要なもの:ホワイトボート&マーカー、アルファベットカード(書き順を書いたもの)

1) チーム分けをし、ボードから少し離れた場所に、チームごとに並ぶ。

2) 各チームごとに同じ枚数のアルファベットカードを表を伏せた状態で束にしたものを渡す。

3) 各チーム、一人がアルファベットカードをピックアップし、そのアルファベットの”一筆”を
  ボードに記入。終わったら、次の人にタッチ。

4) 3)を繰り返し、文字が一つ完成したら、同様にカードを一枚めくり、3)を繰り返す。
  つまり、例えば小文字のcなら一人で完成だけど、bなら2人が順番に書いて完成♪
  なので、運も勝敗を左右します。

5) 全てのカードが終わったチーム、もしくは、時間内に文字を多く書けたチームの勝ち。


一通り終わったら、ボードに書かれた文字を見ながら、アルファベットやフォニックスなどを
復習しました。

勝つためには、チーム全体で協力して、次の子のためにきれいな文字を書いてあげることが
ポイントです☆

全体的なバランスが文字として変な場合は、カウントしません!

基本的にはやっぱり各自でライティング練習をさせたいので、練習という点ではこのゲーム
は適さないと思いますが、ちょっとしたスキマ時間の活用のためや、復習という点では面白い
かな、と思います。

ちなみに、このゲームは、テレビ(何の番組かは忘れました)を見ていて、漢字を同じように
一筆ずつ書いて、どちらのチームがバランス良く書けているか?というのを競争していたのを
見て思いつきました

いろんなところにヒントがありますよね。


にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
応援クリックお願いします!

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 英語教室

No Title
これはグッド・アイデア!v-218ですねっ
先生が言った単語を完成させる(3-5文字単語ぐらい)
ってのも、一人がスペル間違えたりして
「お前、何の文字書いとんじゃ!v-403
あ~じゃないv-412、そ~じゃないv-394
盛り上がりそうですねe-460
[ 2010/10/23 15:32 ] [ 編集 ]
> Matさん
アルファベット一つずつ書かせても楽しいですよね♪ 
先生が言った単語のスペルを書かせる場合、各チームのチームメイトがヒントを出していいようにしたら、みんなで参加できそうですね。今度機会があったらやってみます!
[ 2010/10/25 00:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する