こども英語☆ほのぼの日記 ~守谷イングリッシュポケット~

茨城県守谷市の小さな英語教室より♪子供達が夢中になる楽しいアイデア・アイテムを中心に、日常のできごとをお送りします。

神経衰弱ゲーム☆再び

定番ゲームの一つ、神経衰弱。

様々なパターンで出来ます

(詳しくはこちらの神経衰弱ゲームの記事をどうぞ)

今回は、アルファベットカードと、手作りフォニックスカードを使って、
絵(絵カード)と、その単語のはじめの音(アルファベットカード)の
組み合わせで神経衰弱を行いました。

例:A <=> リンゴの絵カード  といった感じ。

神経衰弱は、様々なパターンで使えるので活用度が高いですが、
順番を待っている時間が長かったりすると発話量が減ってしまうことも
考えられるのでちょっとした工夫も必要ですね。



にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
↑応援クリック、ありがとうござます!

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 英語教室

No title
そうそう、幼稚園児でも7,8枚くらいだと出来ちゃいます
もんね。
大体、わざと負けてあげるんだけど、わざと間違えても
次にペアが作れなかったりして、なかなか負けるのも
大変です(^^;)

↓クリスマスローズ、綺麗に咲いたのね。
うちも白とピンクがあります。
紫も欲しかったんだけれど、当たらなかったの~。
チューリップ、1年めは冬越し出来たけど2年めからは
葉っぱしかでなくなっちゃって・・・栄養が足りないらしくて。
ムズカシイです(>-<)
[ 2010/03/31 21:34 ] [ 編集 ]
Re: No title
> Rooさん
はい、確かにわざと負けるのはときどき大変です。でも、
毎回結構私も真剣にやってしまいますよ(笑)
わざと外したつもりが、運が良くて当たっちゃうときも
多いですしね。
自分が負けたからって拗ねてしまう子がいないので、
私が勝ったとしてもあまり問題にならないので
助かってます☆

クリスマスローズ、まだまだ咲き続けてます。
毎年、ほとんど手入れをしなくても、元気に咲いてくれる
のが嬉しいです♪
[ 2010/03/31 21:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する