こども英語☆ほのぼの日記 ~守谷イングリッシュポケット~

茨城県守谷市の小さな英語教室より♪子供達が夢中になる楽しいアイデア・アイテムを中心に、日常のできごとをお送りします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

単数?複数?ゲーム

今週より、当教室の英語クラスも新学期がスタートしました。

小学校低学年のクラスでは、今まで習ってきた単数形に加えて、
複数形も入って来ます。

導入として、いろいろなもの(数えられるもの)を使って、
"a/an"がはじめにつくのか、それとも、語尾に"-(e)s"がつく
のかを、一つずつ確認していきました。

その後、このようなゲームを行いました。

☆対象:幼児~小学生(低学年)
☆人数:1人~
☆必要なもの:サイコロ、絵カード

1)手作りの(大きめの)サイコロに、a/an または -s(末尾の複数形のs)を記入。

2)絵カード(単数・複数の絵双方)を準備。
  例えば、リンゴが1つ、一方ではリンゴが4つ描かれてるもの

3)絵カードは表側を下にし、テーブルの上にランダムに広げる。

4)チーム、または、個人で順番にサイコロを振り、同時にカードを一つピックアップ。

5)サイコロと絵カードがうまくマッチすれば、カードをゲット!


絵を見ながら、a/anがつくこと、複数形の場合はs(es)がつくことを意識させることが
できます。
運+神経衰弱の要素が楽しめますよ☆


にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
語学・英会話ランキング

↑ランキングに参加しています。
応援クリックありがとうございます

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 英語教室

やってみます!
遅ればせながら・・・
あけましておめでとうございます。

この単複の違いって なかなか定着しないんですよね。
必ず a の音が入ってしまう子や、存在自体気がついていない子(!)など
ちょっと困ったなと思っていました。

こういうゲームになれば、夢中でやっているうちに 体になじんでくれそうですね。
高学年などでは、単複同型や可算/不可算名詞の区別などにも使えそうです。
早速サイコロを作ってやってみます!
ありがとうございました。(^^)
[ 2010/01/18 10:48 ] [ 編集 ]
ぜひ!
> himawariさん

そうなんですよね。日本人にとって、単数形・複数形という概念がないから、少しずつ意識させられるよう工夫を重ねています。
今週からは、文章での違いを取り上げていますよ。(It's a・・・/They are・・・など)
[ 2010/01/20 11:23 ] [ 編集 ]
ありがとうございます!
ありがとうございます!良いアイデアですね!!!わたしもサイコロ作ってみます!!!
[ 2012/12/23 16:35 ] [ 編集 ]
はじめまして
> Toshikoさん

こんにちは。はじめまして。
コメントありがとうございます。
記事が少しでも参考になれば嬉しいです。最近、なかなか記事をアップできずにいますが、これからもよろしくお願いします!
[ 2012/12/28 10:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。